意外と知らない?コーヒーの淹れ方、その種類について

皆さんはコーヒーをどれぐらい飲みますか?

全く飲まないという人から、飲料水より飲む人まで様々だと思いますが、非常に身近な飲み物であることは確かですよね。

自分自身もつい先日、全自動のコーヒーメーカーを購入しまして、これまでにも増して自宅でコーヒーを飲む機会が増えました。

ところで皆さんはコーヒーを淹れている様子を想像する時、どんな道具を使ってどのような方法で淹れているのを想像しますか?

割と人によってイメージする映像は異なるのではないかと思います。

今回はそんなコーヒーを淹れる道具を含めて、コーヒーの淹れ方に関するお話をさせて頂こうと思います。

ペーパードリップ方式

ペーパードリップ

 

一般家庭でコーヒーを淹れて飲む場合、最もポピュラーなのがこのペーパードリップ方式でしょう。

自分が購入したコーヒーメーカーも基本構造はこの方式を採用したものですね。

ドリッパーに紙のフィルターを装着して挽いたコーヒー豆を入れ、そこにお湯を注ぐ事でドリッパーに開いた穴からコーヒーが下サーバー(コーヒーを貯める容器)へ滴るのを待つ事でコーヒーを抽出する方法です。

コーヒーを淹れる方法の中でも非常に簡素な方式でありながら、さほどコツを必要とせずに美味しいコーヒーを淹れる事が出来ます。

使い捨ての紙フィルターを使うので、手入れが簡単であるのも大きなメリットでしょう。

ドリッパーの形や開けられた穴の数によって抽出時間や風味に違いが生じるので、ドリッパーを色々と試してみるのも面白いものです。

ネルドリップ方式

ネルドリップコーヒー

基本的にはペーパードリップ方式と同様の淹れ方ですが、こちらはフィルターに紙ではなく布(ネル)を使います。

ネルとは「フランネル」の略称であり、フランネルとは比較的柔らかくて軽めの毛織物のことを指します(ネルシャツという用語は聞いた事がある人も多いんじゃないでしょうか)。

紙のフィルターを用いるペーパードリップ方式に比べて手間がかかるのと、美味しく淹れるための技術が必要な事から上級者向けの淹れ方とも言えます。

同じドリップ方式でありながら、ペーパードリップとネルドリップではコーヒーの味わいに違いが出ると言われており、ネルドリップの方がコーヒー本来の味わいや風味を引き立たせる事が出来るとの事。

手間の事を考えるとどうしてもペーパードリップを選択したくなる所ですが、時間と手間を惜しまないコーヒー愛好家には長く愛されている抽出方法だと言えそうです。

サイフォン方式

サイフォン

喫茶店のコーヒーといえばサイフォン方式をイメージする人も多いんじゃないでしょうか。

ガラス製のフラスコとロートを利用して、蒸気圧で高い温度(沸騰寸前)まで加熱したお湯とコーヒー粉を布のフィルターでろ過して抽出する方式なのですが、ドリップ方式に比べてコーヒーが出来上がるまでの過程が面白いですよね。

味わいの特徴としては、ドリップ方式にくらべて極めて高温での抽出となるので、その結果として相対的にコーヒーに苦みが出やすい淹れ方と言えます。

ドリップ方式とはまた違った、高温で淹れる事によって生まれる香り高さも特徴の一つであり、そこに魅力を感じている人も多い事でしょう。

アナログなイメージのあるサイフォン方式ですが、サイフォン方式を手軽に楽しめるコーヒーメーカーもあるので、ご家庭でも手軽にサイフォン方式のコーヒーが楽しめますね。

熱々で香り高いコーヒーをご所望の方にはサイフォン方式がおすすめです。

水出し方式

名前の通り、お湯ではなく水でコーヒーを抽出する方法です。

熱を加えない事で、コーヒー豆本来の味わいをそのまま抽出する事が出来ます。

お湯で淹れたコーヒーに比べて苦みが出にくく、まろやかな味わいになりやすい特徴がありますね。

アイスコーヒーを作る方法として、この水出し方式とお湯で淹れたコーヒーを急冷する方法がありますが、水出しはまろやかさに特徴があり、急冷方式はキレのある味わいとスッキリした苦みが味わえます。

お湯に比べて抽出に時間が掛かるので、麦茶と同じような感覚で冷蔵庫に入れて置いて出来上がるのを待つような作り方がおすすめです。

なお、水出しコーヒーには比較的深煎りの豆が適しており、水出しアイスコーヒー向きのコーヒー豆(粉)を使うのが美味しく作る上で重要なコツとなります。

フレンチプレス方式

フレンチプレス方式

このタイプの容器を見て、紅茶を連想する人も多いかもしれません。

実際に紅茶を淹れる道具として広く普及しているのですが、実はこの器具は元々コーヒーを淹れる事を目的として開発されたものなのです。

パリのカフェで多く使われた事から「フレンチプレス」という名称が定着したようですね。

この容器一つで手軽に素早くコーヒーを淹れる事が出来るため、気楽にコーヒーを楽しみたい方におすすめな方式と言えるんじゃないでしょうか。

エアロプレス方式

エアロプレスコーヒー

これまで紹介してきたコーヒーの淹れ方は長い歴史のあるものばかりでしたが、エアロプレス方式は21世紀になってから登場した新しいコーヒーの淹れ方です。

名前から連想されるとおり、お湯とコーヒー粉に対して空気圧を掛ける事でコーヒーを抽出する方式です。

この方式最大のメリットは何といっても素早くコーヒーを淹れる事が可能な事。

さらには一度抽出方法に慣れてしまえば安定した味を再現しやすいというのもメリットの一つとして挙げられます。

後片付けも簡単で、手軽に美味しいコーヒーを味わいたい人にとってはメリットの大きい方式と言えますね。

新しい方式であるため、まだまだドリップ方式などと比べて試した事のない人も多い方式だと思いますが、今後ますます普及していく事は間違いないでしょう。

味わいはもちろん、淹れる楽しみも色々

ここまで様々なコーヒーの淹れ方を紹介してきました。

それぞれに味わいの特徴がありますので、好みの味わいを見つけ出すのも楽しみのうちですよね。

さらに言えば、コーヒーを自分で淹れて味わうという事は、単なる飲み物としてだけではなく、それを作る(淹れる)過程も含めて楽しめるという事です。

例えば、味わいとしてはペーパードリップ方式が好みだけれども、サイフォン式でコーヒーを淹れる事自体が好き…という人もいるでしょう。

様々な器具をコーヒーの味わいはもちろん、そこに至るまでの過程までも楽しみながら味わえる、それこそがコーヒーが長い歴史の中で愛され続けている一番の理由なのかも知れませんね。

皆さんも是非、自分流のコーヒーを楽しんで下さい。


©KEY COFFEE
©OGAWA COFFEE